2021年度TTE(タイヤ テクニカル エキスパート)検定試験結果について

2021年度TTE(タイヤ テクニカル エキスパート)検定試験結果について
 
験者数及び合格者数
受験者数 合格者数 合格率
71人 21人 29.5%
 
合格基準
1問1点、30点満点に対し25点以上の得点
 
格発表
合格者はこちらからご確認ください。
 
合格後の手続き
合格後の手続きはこちらからご確認ください。
 
試験問題、正答について
受験者の皆様にご確認いただいた「CBT方式試験について、よくある質問」にも記載いたしました通り、CBT方式試験の特性上、試験問題及び正答の公表は行いません。
 
 
 

【TTE検定試験】受験期間がスタートしました。

【TTE検定試験】受験期間がスタートしました。
 
TTE検定試験申請者の皆様
 
9月1日より受験期間がスタートしました。
まだ受験日・会場の予約が済んでいない方は、TTE検定試験申込サイトより手続きをお願いいたします。

<受験期間>
令和3年9月1日(水)~ 9月30日(木)
 

2021年度TTE検定試験の受付を終了しました。

2021年度TTE検定試験の受付を終了しました。
 
2021年度TTE検定試験の受付を終了しました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。
 

試験申込開始、試験会場の公開状況について

試験申込開始、試験会場の公開状況について
 
TTE検定試験申請者各位
 
7月1日より試験申込サイト(別サイト)で試験申込が開始されましたので、手続きをお願いいたします。
なお、試験会場の公開状況は日々変動いたしますので、ご承知おきください。
・公開されていなかった試験会場が新たに公開されることがあります。
・公開されていた試験会場が満席等により公開されなくなることがあります。
 

2021年度TTE検定試験をCBT方式で実施します。

2021年度TTE検定試験をCBT方式で実施します。
 
全国タイヤ商工協同組合連合会では、新型コロナウイルス感染拡大による2020年度TTE(タイヤ テクニカル エキスパート)検定試験の中止を踏まえ、感染症や自然災害の影響を受けにくい試験実施方法の導入を検討してまいりましたが、この度、2021年度以降の試験実施方法について、これまでの「受験者を一か所に集めてマークシート方式で実施する紙試験」から、「受験者が最寄りの試験会場で個々に受験するパソコンを用いたCBT(コンピューター ベースド テスティング)試験」に変更することを決定いたしました。
CBT方式の導入によって、感染症や自然災害による開催リスクが低減し、受験者の皆様に安心して受験していただける環境が整い、また、受験のために上京する必要がなくなるため、特に地方在住受験者の経済的な負担が大幅に軽減されることになりました。
 
TTEは、タイヤ整備作業者の知識と技能の向上を図ることで自動車の安全走行に寄与し、また作業者自身の安全を高めることを目的として創設された資格制度です。
「エキスパート」の名称が示す通り、タイヤ整備のプロフェッショナルとして高いレベルにある方に取得していただく資格となるよう準備しています。
タイヤ整備作業者の皆さんのチャレンジをお待ちしています!!

(注)
・CBT方式の試験内容については、下記PDFならびにリンクをご参照ください
本試験は、組合員・非組合員にかかわらず受験できます。
 
<2021年度TTE検定試験実施要項、必要書類、他>
   2021年度TTE検定試験実施要項
   CBT試験とは?
■申請エントリー完了後に郵送していただく書類
   受験申請書     受験申請書(記入例)
     実務経験証明書   実務経験証明書(記入例)
 
<参考>
日本の資格検定「今注目の「CBT試験」って?」
※一般的なCBT試験の内容が紹介されています。合格発表の方法など、本試験とは異なる箇所もありますので、参考までにご覧ください。
<<全国タイヤ商工協同組合連合会>> 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-2 タイヤビル4F TEL:03-3263-9831 FAX:03-3264-5235