大型車の車輪脱落事故防止 緊急対策

大型車の車輪脱落事故防止 緊急対策
 
国土交通省では、多発するホイール・ボルト折損による大型自動車の車輪脱落事故の再発防止を図るため、本年3月に本会を含む自動車関係16団体で組織する「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る連絡会」を新たに設置し、大型車の車輪脱落事故防止のための緊急対策が策定されましたのでお知らせいたしますとともに、個々の事業所において下記内容の確実な実施をお願いいたします。
 
<全国タイヤ商工協同組合連合会所属組合員(タイヤ専業店)の緊急対策実施事項>
 
1.インパクトレンチを用いてホイール・ナットを締付ける際は、締過ぎに注意し、最後にトルクレンチ等を使用して必ず規定トルクで締付けること。
2.ホイール・ナットの規定トルクでの締付け及びホイールに適合したボルト及びナットの使用の実施。特に脱落の多い左後軸のタイヤについては重点的に実施すること。
3.入庫する大型車ユーザーに対して、車輪脱落事故防止のための4つのポイント(※)について周知する。特に脱落の多い左後軸のタイヤについては徹底的に実施するよう啓発すること。
 
※4つのポイント
① ホイール・ナットの規定トルクでの確実な締付け
② タイヤ交換後、50~100km走行後の増締めの実施
③ 日常(運行前)点検における確認
④ ホイールに適合したボルト及びナットの使用
 
 
<適正作業参考資料>

◆(一社)日本自動車工業会資料
  中、大型トラック・バスのホイールナット締め付けトルク
 
 

<増し締め実施のお願いチラシ>

大型車ユーザーにタイヤ交換後の増し締めの実施を啓発するチラシです。
タイヤ交換後のユーザーへの手渡し、店舗内での掲示等にご活用ください。
  「増し締め実施のお願い」(組合員店用)
 
 
 
<<全国タイヤ商工協同組合連合会>> 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-2 タイヤビル4F TEL:03-3263-9831 FAX:03-3264-5235