News&Topics

News&Topics
 
組合員専用ページを更新しました
2018-11-13
 
特別教育講習会開催情報に神奈川県タイヤ組合を追加しました
2018-11-08
 
組合員専用ページを更新しました
2018-11-08
 
組合員専用ページを更新しました
2018-11-01
 
「大型車車輪脱落事故防止」ポスター送付について
2018-10-25
 
国交省ならびに本会を含む自動車関係団体で構成する大型車車輪脱落防止連絡会では、2006年度より継続して「大型車車輪脱落事故防止キャンペーン」を実施しておりますが、本年もその一環として点検整備の重要性を訴求するポスターを作成し、車輪脱落事故の多い冬タイヤへの履き替え時期に配布することになりました。
本会でも組合員数分のポスターを確保し、各組合宛送付いたしましたので、事業所におけるポスターの掲示と適切な点検作業の実施について周知下さいますよう、お願い申し上げます。
 
 
タイヤ交換作業中の死亡事故発生
2018-10-24
10月22日午後6時40分頃、北海道平取町の自動車整備工場で、トラックタイヤ交換作業中の死亡事故が発生しました。
警察の発表によると、作業者が10トントラックのタイヤ交換作業をしていたところ、左後輪内側のタイヤ1本が破裂し、風圧で約2メートル飛ばされてアスファルトの地面にたたきつけられ、救急車で病院に搬送された後、2時間後に死亡が確認されたとのことです。
これからスタッドレスタイヤへの交換作業が集中し作業量が一段と増えますが、法令を遵守し細心の注意を持って安全・確実な作業の実施をお願いいたします。
 
*組合員の皆様は、組合員専用ページの詳細記事をご覧ください。
 
 
 
大型車の車輪脱落事故が増加! 特に左後輪に注意!(国土交通省)
2018-10-22
国土交通省の調査では、平成29年度のホイール・ボルト折損等による大型車の車輪脱落事故発生件数は67件(うち人身事故2件)で、前年度に比べ11件増加し、近年、同事故の発生件数は増加傾向にあります。
これから夏用タイヤからスタッドレスタイヤへの交換作業の最盛期を迎えますので、タイヤ交換時の適正な作業の実施をお願いいたします。
 
■事故発生状況
 
 平成29年度 大型車のホイール・ボルト折損等による車輪脱落事故の発生状況
 
【主な傾向】
・大型車の車輪脱落事故は、冬期(11月~3月)に集中(全67件中56件(84%))。
・積雪地域での発生が多く、北海道での発生が前年度より8件増加し13件(前年度の2.6倍)。
・車輪脱着作業後1ヶ月以内に発生した脱落事故が約半数(55%)を占める。
・脱輪の主な原因のうちホイール・ボルト又はナットの締付不良等の「作業ミス」が91%と大半を占める。
・脱輪の直前に行ったタイヤの脱着作業が「タイヤ交換」である44件について、その作業の実施月を見ると、
 11月にタイヤを交換した車両が21件(48%)を占める。
・車輪脱落位置の大半(56件(83%))が左後輪。 ※推定原因については上記PDF参照
 
※詳しくはこちら
国土交通省 ホームページ
 
 
組合員専用ページを更新しました
2018-10-22
 
平成30年度中部以西ブロック会議が開催されました
2018-10-18
10月14日、京都市に於いて、中部以西ブロック会議が開催されました。
主催者・来賓の各挨拶、出席者自己紹介の後、全タ協連ならびに各組合の活動報告が行われ、組合員の減少問題や特別教育講習会の運営方法などについて活発な意見交換が行われました。
後日、組合員専用ページに議事録をアップいたします。
 
 
 
 
組合員専用ページを更新しました
2018-10-11
<<全国タイヤ商工協同組合連合会>> 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-2 タイヤビル4F TEL:03-3263-9831 FAX:03-3264-5235