トップページへ
Last Update 2017/03/17

タイヤ空気充てん特別教育とは

 

自動車用タイヤに空気を充てんする作業は、高圧の空気を取り扱うことから危険が伴い、毎年のように死亡事故が発生しています。

   最近の死亡事故新聞記事

 

平成2年10月1日より、労働安全衛生規則第36条の「特別教育を必要とする業務」に「タイヤの空気充てん業務」が追加されるなどの法改正が行われ、自動車タイヤの空気充てん業務に従事する労働者に対し、特別教育を行うことなどが事業者に義務付けられました。
これらの規則に違反した場合、事業者には罰則(6月以下の懲役または50万円以下の罰金)が課せられます。

 

事業者の義務

  1. 自動車タイヤの組み立てに係る業務のうち、空気圧縮機を用いてタイヤに空気を充てんする業務に従事する労働者に対し、「特別教育」を実施すること。
    【労働安全衛生規則第36条の33】
  2. エアーコンプレッサーの空気取り出し口に「圧力調節弁」を設けること。
    【労働安全衛生規則第328条の2】
  3. 破裂したタイヤなどの飛来を防止するため、「安全囲い等」を使用すること。
    【労働安全衛生規則第328条の2】

 

全タ協連傘下の各タイヤ組合では、業界団体として労働災害を防止する社会的責任から、労働安全衛生規則第36条33項に基づく「タイヤの空気充てん業務に係る特別教育」講習会を実施しています。

これは、事業者に代わってタイヤ組合所属のタイヤのプロが、当該労働者に対して安全衛生特別教育規定に基づく学科・実技教育を行うもので、修了者には連合会会長名の修了証が授与されます。

 

各タイヤ組合の特別教育講習会実施状況・予定はこちら

 

         

           平成29年度

 

           平成28年度

 

         平成27年度

 

         平成26年度

 

         平成25年度

 

         平成24年度

 

         平成23年度

 

         平成22年度

 

         平成21年度

 


※最近では、企業のコンプライアンス意識の高まりから、組合員以外の方の受講が増えています(カーディーラー、自動車整備、ガソリンスタンド、カーショップ、運送会社、バス会社、建設車両関係等、自社でタイヤの組み立てに係る空気充てん作業を行っている場合は、すべて対象となります)。

また、全タ協連ではこの講習会で使用する教科書「タイヤ空気充てん作業安全必携・災害事例集」(2冊1セット、定価3,240円・税込)を発行しています。

☆ 平成27年5月25日、改訂版を発行いたしました。

 


タイヤ空気充てん作業安全必携・災害事例集